アップルソースケーキ、シナモン味|ベジスイーツレシピ

Apple sauce cake

アップルソースケーキ、シナモン味

ここからは植物性素材で作る菓子をご紹介します。まずは、焼き菓子のベーシックなもので、小麦全粒粉と植物性油脂、天然甘味料、リンゴ果汁を主体とします。この配合から多くのバリエーションを生み出すことができます。ベーキングソーダで生地の浮き上がりを補います。天然甘味料は、キビ砂糖、オリゴ糖、コーンシロップなどを使用します。植物性油脂は、キャノーラ油、グレープシード油、アーモンド油、大豆油などを使用します。この配合構成は、動物質の素材がないので、ヴィ一ガン(vegan植物質中心の食事法)の人にも向きます。

小麦全粒粉細挽き225g、シナモン粉末1.5g、オールスパイス粉末小さじ1/2、キャノーラ油75g、リンゴピュレ180g、メープルシロップ115g、水15ml、レーズン75g、ベーキングソーダー4g、塩少々

あらかじめパウンド型(幅6×長さ20センチ)か丸型(直径18センチ程度)を用意します。これらの型の内側に油をうすくぬり広げて、底と側面にワックスペーパーをしき込みます。キャノーラ油とメープルシロップ、リンゴピュレを、ミキサーボウルかフードプロセッサーなどに入れて、全体がよく混ざるようにかき立てます。全体がよく混ざったら、少量の湯で溶いたベーキングソーダーを混ぜます。別のボウルに、小麦全粒粉とシナモン、オールスパイス、塩、レーズンを入れて、全体をよく混ぜ合わせます。この粉類を、先のリンゴピュレなどに加えて、全体を丁寧に、よく混ぜます。もし生地が固い場合は、リンゴ果汁かピュレ、水を加えて調整します。パウンド型の八分目まで注ぎ入れて、上面を整えます。温度170℃のオーブンで、50分間を目安に焼きます。オーブンから出したら粗熱を取り、型から外して冷まします。完全に冷めたら好みの幅に切り分けます。

補足

この配合は植物性素材で作る焼き菓子の基本形です。これにナッツ類や果実類を混ぜて「リンゴとルバーブのケーキ」や「メープルシロップのケーキ」などに応用できます。リンゴピュレは、生のリンゴをすり下ろしたものです。市販のリンゴピュレを使う場合には、添加されている糖分により甘味料の量を調整して下さい。

できあがり

パウンド型(6×20センチ)1台分/用意する時間20分間/加熱時間50分間