アップル・ルバーブ・ケーキ|ベジスイーツレシピ

Apple rhubarb cake

アップル・ルバーブ・ケーキ

小麦全粒粉、オリゴ糖シロップ、グレープシード油、リンゴ果汁を主体にして、レーズン、リンゴ、バナナを加えた、シナモン、オールスパイス入りの焼き菓子です。「アップルソースケーキ」の応用で、リンゴとルバーブ、バナナ、レーズンを加えた、酸味と甘味のさわやかな味が特長です。バナナは生地になめらかさを引き出すために効果的です。

小麦全粒粉細挽き140g、ベーキングパウダー3g、シナモン粉末少々、オールスパイス粉末少々、グレープシード油50g、オリゴ糖シロップ60g、リンゴ果汁80g、レーズン20g、ベーキングソーダー少々、塩少々、バナナ50g、リンゴ20g、ルバーブ20g

あらかじめ直径5~6センチの丸型か、幅5×長さ10センチ程の小パウンド型などを用意します。これらの型の内側に油をうすくぬり広げて小麦粉をまぶします。ボウルに、グレープシード油とオリゴ糖シロップ、リンゴ果汁、バナナを入れて全体をよく混ぜます。バナナが油脂などの液体ときれいに混ざって、なめらかになるようにします。ここに少量の湯で溶いたベーキングソーダーを混ぜます。別のボウルに、小麦全粒粉とシナモン、オールスパイス、塩、レーズン、リンゴ、ルバーブを入れて、全体をよく混ぜます。この粉類を、先の油脂類などの液体に加えて、全体を丁寧によく混ぜます。もし生地が固いようであれば、リンゴ果汁か水を加えて調整します。この生地を用意した型の八分目まで注ぎ入れて、上面にリンゴとルバーブを並べます。温度170℃のオーブンで、30分間を目安に焼きます。オーブンから出したら、粗熱を取り、型から外して冷まします。

補足

ルバーブが生の場合、1~2センチの長さに切り分け、配合外のキビ砂糖をまぶして1~2時間おいたものを使います。こうするとルバーブ本来の酸味を生かすことができます。シロップ煮を利用する場合には、ルバーブを刻んで配合外のキビ砂糖にまぶします。これを手鍋に移して、直火にかけて沸騰させます。これを冷ましてから、レーズンや刻んだリンゴと混ぜて加えます。リンゴ果汁は、糖分無添加の100%果汁を使います。もし手に入らない時は生のリンゴをすり下ろして使います。また、グレープフルーツやオレンジなどの果汁や生でも良いでしょう。

できあがり

5センチ丸型×6個/用意する時間20分間/加熱時間30分~35分間

1