シフォンケーキ|商品開発向けレシピ

Chiffon cake

シフォンケーキ

シフォンケーキの特徴は軽いこと。洋菓子に軽さを求める人々には好評ですが、軽いだけに味が単調になりやすいです。基本的なバニラ味と、応用してシナモン味を紹介します。

卵黄 12個、砂糖 120g、バニラ 2本、水 120ml、サラダオイル132ml、液体ショートニング 160g、卵白400ml、砂糖360g、塩 4g、乾燥卵白 8g、薄力粉320g、ベーキングパウダー 10g

卵白に乾燥卵白と塩を加えて、泡立器で充分に泡立てます。卵白が泡立ってきたら、砂糖を少量ずつ加えながら充分に泡立てて、しっかりとした泡立てのメレンゲ状とします。薄力粉とベーキングパウダーをフルイにとおして混ぜておきます。水とサラダオイル、液体ショートニングを混ぜ合わせます。卵黄に砂糖とバニラを加えて良く混ぜ合わせます。ここに先の液体ショートニングなどを加えて、良く混ぜ合わせます。さらに粉類を加え混ぜます。最後にメレンゲを丁寧に混ぜ合わせます。中空の型を用意して、上記のアパレイユを型の8分目まで詰めます。温度180℃のオーブンで、20~30分間を目安に焼きます。オーブンから出したら、粗熱を取り、型から外して冷まします。クレム・シャンティイ (泡立てた生クリーム) を上面と側面、中空面にぬり広げて仕上げとします。

シナモン香味のシフォンケーキ(写真下)は上記配合にシナモン粉10gを粉類に混ぜます。