テシノワ風ピザ|タルトレシピ

Pizza du Tessin

ピッツァ・デュ・テッサン / テシノワ風ピザ

テシノワ風ピザで、生のトマトにオリーブと、マヨラナとタラゴンなどの香草を散らして、エメンタールチーズをふり散らして焼きます。

トマト500g、エメンタール150g、オリーブ油少々、マヨラナ/タラゴン少々、塩/胡椒少々、パータ・ピッツァ250g

ピッツァ生地を厚さ1.5ミリに伸して、縁高のピッツァ用の型にしき込みます。トマトはへたを取り、薄い輪切りにします。生地底にタラゴンをふりまき、その上にエメンタールチーズをふり散らします。汁気を切ったトマトを並べて、マヨラナ(シソ科の香草)と塩、胡椒をふりかけて、さらにオリーブ油をふり散らします。高温のオーブンで、20分間を目安に焼きます。

パータ・ピッツァPâte à pizza、(英)ピッツァ・ドゥPizza Dough

強力粉500g、イースト20g、温湯少量、オリーブ油60ml、塩少量

イーストを使った醗酵生地でピッツァの底生地になります。ボウルにイーストと少量の温湯を加えて溶かします。強力粉をふるいにとおして塩を混ぜます。これをフォンテーヌ状として、その中にイースト液とオリーブ油を入れます。粉を内側からまき込むようにして混ぜます。全体が混ざりあったら球形にまとめて、両手で押し広げるようにして、軽く打ちたたくようにして生地を捏ねます。手につかずになめらかになれば、まるめてボウルに入れ2~3時間、生地量が倍になるまで醗酵させます。生地が膨んだら手で軽く捏ねてガス抜きをます。使う量に分けて、それぞれを手で押し広げて平たくし、次にめん棒で厚さ1~2ミリにのします。